« キラ☆ミュー限定版、ゲットー♪ | トップページ | PSU、ながらプレイで進行中ー(苦笑) »

2006/10/29

バトルタイクーンのお話、その46ー♪

その45からの続きですー♪


いよいよ、バトルタイクーンから
登場の新キャラクターの1人
キャラ管理ナンバー8番
ガストン・スレイドのお話ー(笑)


フラッシュハイダースから
バトタイになるときに発生した
キャラクターの入れ替えは
実は私は、まったくの
ノータッチでしてー(汗)

作業を引き継いだ際には
チキンヘッドさんによって
いなくなるキャラも、追加キャラも
決められていた状態でしたー


ガストン追加の理由としては
「フラッシュハイダースのメンバーが
まとめていなくなったことで
オヤジ率が激減したので
入れることにした」
…とかー

「重量級に分類されるはずの
オットーでも、意外とスマートで
ゲーム全体で見て、重量方向の
層が薄いため、考えた」
…とかー

…だいたい、そんな感じに
当時、聞いたのを覚えてますー


でー

バトルタイクーン内で、もっとも
面積の大きな体を持つ、ガストンの
誕生となったわけなんですがー

当然の結果というか
キャラパターン詰め込み係である
私に、最も過酷な試練を
与えてくれるキャラとなりましたー(死)

ええ、ゲーム遊んでて
見える部分はフツーっぽいですが
その裏側では、かなり無茶なことに
なっているわけなのですよー(苦笑)


だれもが驚く、ガストンの声
むしろ、1番驚いたのは
現場だったりしましたー(汗)

声の希望を出すとき、チーム内で
「ガストンの声のイメージって
やっぱり青野武さんしか
考えられないですよねー♪」
…みたいな話は確かに出てて
実際の希望も、そんな感じに
出されたと聞いてはいたもののー

スケジュール的にも、金銭的にも
ダメ元で出したに等しかった希望が
本当に通ってしまうとはー…


この、ガストンは
オットー以上の重量級ということで
どんな風に調整していこうか
悩んでたキャラだったんですけどー

声が入って、存在感が出たことで
「ゲームキャラとしても
立てていかねばー!」
…と、気合いを入れなおし
「使えない」の、1歩手前を狙った
クセのある調整を目指して
いろいろ冒険してみましたのでー(苦笑)

通常攻防時のストレスに負けず
読みを制しての、超必殺技による
大逆転劇を、ぜひぜひ
味わってもらえればと思いますー♪


次回からは
当たれば大ダメージ(当たれば)
…な、必殺技について
書いていく予定ですー(笑)


つづくー♪

|

« キラ☆ミュー限定版、ゲットー♪ | トップページ | PSU、ながらプレイで進行中ー(苦笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37047/12478663

この記事へのトラックバック一覧です: バトルタイクーンのお話、その46ー♪:

« キラ☆ミュー限定版、ゲットー♪ | トップページ | PSU、ながらプレイで進行中ー(苦笑) »