« ノルマ分は終わったもののー(汗) | トップページ | E3週間の、はじまりはじまりー♪ »

2006/05/07

バトルタイクーンのお話、その36ー♪

その35からの続きですー♪


いよいよ、折り返し地点という感じで
キャラ管理ナンバー5番の
スピノザ・サンダーヘッドに続き
キャラ管理ナンバー6番の
カルナーサ・ル・ボンのお話をー(笑)


カルナーサといえば、私は
前作、フラッシュハイダースのときの
2人の手下、リラとレイによる
「はい!おねーさま!」
…と、いうハモりが大好きだったので
バトルタイクーンでは聞けないのが
残念だったりー(泣)

私自身は、バトタイもフラハイも
どっちも、それぞれ大好きなので
「バトタイから入って、キャラや世界観が
気に入ったという方には、ぜひ
フラハイも、遊んでみていただきたいー!」
…と、思ってますー♪

今、そんなこと言われても
入手が面倒かもしれませんがー(汗)


さて、バトタイでのカルナーサですが
フラハイのときの棒術の動きを
あまり気に入ってなかった
グラフィッカーさんが、少林寺拳法の
棒術のビデオなどを見つつ
全面描き直ししたため、まったく
別物に生まれ変わっていますー♪


でー

出来上がってきたパターンに
各種判定を付けてみたんですが
リーチの長さとかから、あまりにも
強くなりすぎてしまったためー(汗)

体の一部と考えて、棒の途中まで
くらい判定を用意してみたりー

棒の攻撃判定を、伸びきった直後に
消してしまってみたりー

新しくなった見た目は活かしたいので
なんとか見えない部分で調整しようと
いろいろ試みたんですけど、結局
遊んだ人、ほぼ全員が最強と認める
キャラになってしまいましたー(死)


とはいえ、3すくみを理解して
読み勝ちさえすれば、オットーでも
圧勝できるのを見たことはあるので
「普通の叩き合いにおいて最強」
…くらいで考えてくださいませー(苦笑)


カルナーサの声は、フラハイのとき
特に、お願いしたい声優さんとか
ご指名しなかったらしいのですがー

担当された渡辺久美子さんのアネゴ声は
最初に聞かせてもらった瞬間から
もう、他が考えられないくらい
「ハマってるー」
…と、私的に思ってしまってますー(笑)


改めて、バトタイの声優さんを見てみると
「そのとき、売れてる人を集めたんだろうー」
…と、思われても仕方ないくらいの方々が
並んでるんですけどー(苦笑)

実は、バトタイの頃になってみたら
フラハイの頃より、かなり有名になってた
…と、いう方もいらっしゃったりして
そんなに狙ってたわけでもないのですー(汗)


次回からは、カルナーサおねーさまの
必殺技について、いろいろと
書いていきたいと思いますー♪


つづくー♪

|

« ノルマ分は終わったもののー(汗) | トップページ | E3週間の、はじまりはじまりー♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37047/9953228

この記事へのトラックバック一覧です: バトルタイクーンのお話、その36ー♪:

« ノルマ分は終わったもののー(汗) | トップページ | E3週間の、はじまりはじまりー♪ »