« DOA4、コス集め中ー(疲) | トップページ | 連休終了ー »

2006/01/08

バトルタイクーンのお話、その22ー♪

その21からの続きですー♪


今回も前回に引き続き
部屋を片付けてたら発見された
秘密メモに書かれていた数値を
見ながらのお話ですー(笑)

繰り返しますが、この数値は
最終調整前に全体を見渡すため
書いたものなので、実際のゲームでは
若干違ってる可能性があることを
ご了承くださいませー(汗)


今回は、ゲーム上では特に見えにくい
投げ間合いについて、まず数値からー♪

バング     16
ティリア    20
オットー    18
ハーマン    16
スピノザ    16
カルナーサ   18
シーナ     20
ガストン    18
パチェット   18
ジェイルランス 22


…なんか、自分で書き写してて
本当に、こんな数字だったか
自信が微妙になってるんですけどー(苦笑)

この数字は何の数字かというと
ドット数で、お互いに地上にいる状態で
密着状態から、どれだけ離れるまで
投げることが可能なのかを表してますー

もっと厳密に言いますと、各キャラは
相手が進入不可能な「存在判定」という
箱型の判定エリアを持ってるんですが
この判定エリアが、投げ間合い内に
引っかかってたら、投げることが可能
…と、いう感じでしてー

投げ間合い自体の指定は
体の中心線から何ドットというように
数値で指定する形で行っていたので
純粋な投げ間合いは、その数値から
「中心線から前方に出た、自分の
存在判定分を差し引いたもの」
…つまるところ
上に書いた数値となるわけですー♪


…あ、ひっかけないといけないってことは
リストの数字より、実際の投げ間合いは
1ドット狭いことになるのかもー(汗)


ちなみに
中央政府所属の3人のみが持っている
空中投げは、前方に限定せず
自分の中心線を中心にして設定された
1辺が以下の長さの箱型のエリアで
判定してますー

オットー    64
ハーマン    68
スピノザ    72

なんか、これだけ見ると
やたらと長いように見えるんですが
実は、地上投げの考えかたにあてはめて
自分の体より先の前方と考えてみると
「若干、地上投げより多いかな?」
…くらいしかなかったりー(苦笑)


(ここで補足というか言い訳ー)
空中投げですが、もしかすると
この数値分、投げる側の中心線から
前方に投げ間合いがあり
この間合い内に投げられる側の
中心線を引っ掛けると、投げが
成立する形だったかもしれませんー(汗)

空中投げって、このシステム内では
そのまま動かなかったので
特別にプログラムで作ってもらった分
処理を他と似せる必要が無かったので
記憶があいまいになっちゃってると
推測もしにくいんですよー(泣)
(そして補足というか言い訳、終わりー)


投げに関しては、後になって
投げの空振りモーションを採用した
ゲームを見ることがあって、なんで
あの時、考え付けなかったのかと
後悔したものでしたー…

3すくみの要素として
「無敵必殺技」「ガード攻撃」
「投げ」の3つを同列と考えるなら
「投げを入力したけど、間合いが
十分じゃなかったから通常技が出る」
…なんて仕様になってしまってるのは
やっぱり、美しくないですしー(汗)


…まぁ、良く考えなくても
10年も前のものを、後悔したところで
なにも始まらないのでー(苦笑)

次回も、そんな発見されたメモから
いろいろ書いていこうと思いますー(笑)


つづくー♪

|

« DOA4、コス集め中ー(疲) | トップページ | 連休終了ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37047/8067000

この記事へのトラックバック一覧です: バトルタイクーンのお話、その22ー♪:

« DOA4、コス集め中ー(疲) | トップページ | 連休終了ー »